お腹を下したときは温かい紅茶をストレートで飲む

お腹を下したときは、何も手がつかなくなってしまうほどつらいです。何かしようとしてもお腹の状態を気にして集中できませんので、まずはお腹の状態を元に戻すことが最優先です。その対処法として有効なのは、温かい紅茶をストレートで飲むことです。
o27
お腹を下しているときは、体全体が緊張していてあまりリラックスしていません。その状態ではちょっとした刺激でまたすぐに便意を催してしまいますので、トイレへ行ったり来たりを何回も繰り返してしまいます。それを防ぐためにはまずリラックスすることが大切で、温かい紅茶を飲むことは効果を十分期待できます。

温かい紅茶を飲めば、体全体が少しずつ温まっていきます。また、紅茶を飲むことで精神的にゆったりとした気分になり、緊張状態が徐々に解けていきます。緊張状態が解けていけばお腹の状態は時間が経つほど元に戻りますので、紅茶を飲んだらなるべく安静にしていることが大事です。普段から忙しい生活を送っている人はゆったりすることが苦手なのかもしれませんが、お腹を下すということは体調不良のサインです。そんなときは急いだ行動はあまりせず、本を読んだり、好きな動画を観たり、音楽を聴いたりなどリラックスできるように心がけることが大事です。

紅茶を1杯飲んでゆったりと安静していれば、よほどの病気でない限り体調は安定してきます。何回もトイレを行き来するのは本当にツライですから、そうならないように紅茶で対処していくとお腹に負荷をあまりかけることなく通常の状態へと戻すことができます。
o28
また、できるならお腹を手でゆっくりとさすり、ポカポカさせてあげるとかなり和やかな気持ちになります。普段から紅茶を飲み慣れていない人だと急に準備はできないのかもしれませんが、スーパーやコンビニで缶やペットボトルに入っている紅茶を買ってきても差し支えはないはずです。人によって合う合わないはあるのかもしれませんが、紅茶ならそれなりに期待を持てます。

お腹を下した時のそれぞれの対処法まとめた件トップへ

温めよう!お腹を下した時に実践していること

腸内環境が良くないのか、よくお腹を下します。便秘が続くと突然お腹が痛くなって下痢をしたり、冷たいものを飲んだ時、ストレスがたまっている時、緊張している時、食べ過ぎてしまった時など、あらゆる場面でよくお腹を下すのでとても悩んでいます。

でも一応対処法はあります。まずはお腹を下した時は、とにかくお腹を温めることですね。ホッカイロなどを利用したり家にいるなら横になって身体をまるめてお腹を温めるようにしています。お腹を下した時はできるだけ安静にするようにして、無理をしないようにします。
o25
食事ですができるだけとらないようにしています。食べるとまたお腹を下してしまう可能性が高いので。ですがまったく何も食べないわけにはいかないので、消化の良い食べ物を食べるようにしています。できるだけ腸を刺激したくないですよね。お腹を下しているからといって何も口にしないと、脱水症状や栄養不足になるので危険です。

身体を冷やす食べ物であるキュウリやトマトなどは、絶対に食べないようにしないといけませんね。便秘の時には嬉しいゴボウ、さつまいもなどは食物繊維が豊富なので、さらにお腹を下してしまうので食べないようにします。

絶対にしなければいけないことがない場合は、できるだけ布団に入り安静にしています。心が落ち着くクラシック音楽やヒーリング音楽を聴くようにしています。するとお腹の痛みがだんだんなくなっていくような気がしますし、自然と眠れるんです。眠った後はスッキリしています。
o26
普段からお腹を下さないように注意をして生活をしています。例えば乳酸菌を積極的に摂取しています。ヨーグルトを食べたり、忙しい時は乳酸菌サプリメントのお世話になっています。食べ過ぎないように腹八分目を心がけ、ストレスをためないようにしています。できるだけ温かい飲み物を飲むように気を付けています。それでもお腹を下すことがあるので、この先も大変だなと思いますが頑張ります。

お腹を下した時のそれぞれの対処法まとめた件トップへ

温めよう!お腹を下した時に実践していること

お腹を下した場合の良い対策方法とは

私生活の中でお腹を下した時は、まずはトイレに立てこもってでも、お腹にたまったものをすべて排出することが大切です。お腹を下した時は、たとえ便が出そうになくても、トイレから出ることを不安に思い、出たくても出れない状態になるので、突然発作が起こった時でも危険な状態にならないように、もうこれ以上は無理だというまで、トイレに立てこもったほうがいいです。
o17
お腹に溜まったものを限界まで出し切った後で、ドラッグストアで販売していて、家に常備薬として置いている薬を服用します。お腹を下した時の薬は、便を止める作用もあるので、便を出し切って飲むほうがいいんです。薬は、食事後の服用が望ましいので、少量でもいいから、お粥や雑炊などといった、胃の消化によくてあったかい食べ物を食べるようにします。この時に、消化に悪いものや、冷たいものやアルコールや刺激物といったものは、状況を悪化させてしまうので、絶対に避けるようにします。しかし、どうしても食べたくなかったら、暖かいみそ汁やスープなどだけを飲んで、薬を飲みます。

発作が起きて、トイレに立てこもるのを防ぐために、外出はできるだけ避けたほうがいいです。お腹を冷やさないように、スパッツや腹巻などを履いて、動いてもお腹が出ないようにするか、貼るカイロをお腹に張って、とにかくあっためるようにして、安静に横になって、薬が効くのを待つのが一番です。
o18
お腹を下した時は、その原因を発見することも大事で、原因が風邪からくるものなのか、食べ物にあたったからなのか、ノロウイルスの恐れがあるのかを判断します。この時に、風邪や食べ物にあたっただけならば、自宅にある常備薬を飲んで、一日安静にして様子を見ればいいですが、ノロウイルスならば、家族感染を引き起こし、周りに迷惑をかけてしまうので、ノロウイルスの可能性が少しでもあるのならば、病院に行って、医師の判断を仰いだほうがいいです。いざという時のために、自宅に常備薬を置いておくことも大切です。

冷えや風邪が原因の腹痛では、お腹を温めて正露丸を飲む。2食生活等に原因がある下痢や腹痛の場合は、食事を見直そう。

まず、お腹を下したら、正露丸を2粒飲んでお腹を温める事をお勧めします。

o8
1時間程、毛布にくるまり、横になって全身を温めていれば回復します。体が冷えたのか、風邪の引き始めによるウイルスの侵入で腹痛が起きたのかといった原因がわからない場合は、この方法が1番有効です。

次に、それでもダメな場合は他に要因があるので病院に行きましょう。

病院に行ける状況にない時は、野菜を食べる事をお勧めします。白菜やほうれん草等のビタミンが豊富な食品を食べると血液が綺麗になります。特に、下痢を伴う腹痛の場合は食生活に問題がある事が多く、忙しい日々の中で料理をするのが面倒になったり、食事を蔑ろにしてしまうような日が続いた後に起こりやすいです。

痛みは警告のような物なので、食事を改めなければいけません。今から立て直せば大丈夫、これからはちゃんと注意して下さいよと教えてくれているのです。

そして、立て直す為には、野菜を中心としたバランスの良い食生活を選択しなければなりません。
o9
多くの場合、脂質や糖質は足りているのでビタミンやミネラルを重点的に取り入れなければなりません。ビタミンといっても、4種類の脂溶性ビタミンや9種類の水溶性ビタミンがあり、1つの野菜だけでは不足してしまうので毎日色んな物を何種類も食べなければ栄養不足になり、下痢を発症しやすくなります。

しかし、総合栄養食に近いケールの入った青汁を摂取すると、食べなければいけない野菜の量を減らす事ができます。ビタミン以外にも食物繊維やルテイン、カルシウム等が含まれているので、お腹の調子を整えてくれたり、目を見やすくしてくれたり、血液中のミネラル濃度を一定にしてくれる働きがあります。一見関係なさそうな機能に思われますが、目は血管で腎臓とも繋がっており、目の健康は腎臓での老廃物排泄を促す性能を良くしたりするので血液にとっても重要です。

最後に、腹痛は血液循環が良ければ起こりません。

ご飯の後にちょっとお腹空いたから何かを食べようとする心を抑えれば、冷えたり風邪を引いていない限り、お腹は痛くなりません。

しかし、血液循環が良くても食べていない方のケースでは、食物繊維不足で腹痛が起こる事もあります。牛蒡や干椎茸、干柿に多いので召し上がって下さい。食物繊維の1日量は20gですが、食べていなかった人が食べるだけでも腹痛は改善されていきます。この中でも、干椎茸は1個2~5gで100g中182kcal、食物繊維41gなので摂取しやすいです。
o10
また、食物繊維と記載されているお菓子や栄養機能食品を使用しても効果を得られます。

お腹を下した時のそれぞれの対処法まとめた件トップへ