便秘薬で失敗した体験

今年に入って仕事が忙しくバランスのとれた食事がなかなかとれずかなり乱れた生活をしていたことや仕事からのストレスで、今まで体験したことがないぐらいのひどい便秘状態に陥ってしまいました。その症状は毎朝トイレに座っても、便意があまりなくて、まさに詰まってしまっているような感覚でした。でたとしてもカチカチなのが少しだけ。そしてひどいと3日も4日もまともなお通じが無いのです。それが2ヶ月近く続いていました。もともと今までは便秘とは無縁の体質だったのですが、さすがに今回はさまざまな要因が重なってしまい私の腸も悲鳴をあげてしまって今回の便秘に繋がってしまったのだと感じていました。

私は便秘に対しては全くの初心者なので、まず何をどうすれば良いのかが全くわからなかったのですが、便秘には食物繊維だと単純に考えたのでサラダを朝昼晩3食とることにしました。お弁当はコンビニでサラダを買い、夜は自宅だけでなく外食の場合でもサラダを必ず取り入れるという方法でなんとか改善できればと思っていたのです。
b11
しかしそれは甘かったんですね。確かに少しはお通じが出るようになりましたが、するりと出てくれないので全くすっきりしないのです。お腹は張ってくるし下腹がポコンと出てきてみっともないしでとうとう便秘薬に頼るしか無いと判断し、とりあえずネットを調べてみたら便秘にはコーラックが使われることが多いという情報を得たのです。

コーラックはCMでも良く目にしたことがありましたから便秘で悩んでいなくても親近感はある薬でしたのですぐにドラッグストアでコーラックを買って1粒から始めたのです。しかしコーラックを飲んでから2日しても全く変化無しだったので、続けてもう一粒追加して様子を見たのですが、やはり頑固な便秘は全く動きを見せてくれなかったのです。仕方なく三つ目のコーラックを追加して飲んだところ、出勤途中の駅で突然激痛に襲われ脂汗をかくほどの状態で、駅のトイレになんとか駆け込むことができてセーフ。恐ろしい量の下痢がでました。
b12
コーラックは確かに効き目が良いのだと思いますが、最大量の3粒は飲んではいけなかったのかもしれませんね。今思い出しても最悪な体験でした。それからは、便秘薬は漢方を病院から処方してもらっており、今はなんとかひどい便秘は改善できています。

人生初の便秘薬が人生最後の便秘薬に

以前から慢性的な便秘に悩まされていて、週に1~2回しか便通がないという事も珍しくはありませんでした。ただ元々薬に頼るのが好きではないのと、腹痛などの不快な症状がほとんどなかったことから便秘薬には一度も手を出したことがありませんでした。
b13
しかしある時期、便秘がひどくなり週に1度便通があるかないかの状態になりました。当時は引っ越しをし一人暮らしを始めたり、仕事も変えたりしたことから食生活やストレスが影響していたのだと思いますが、ともかくさすがにこれはマズイと思い、ドラッグストアで適当に売れていそうな便秘薬を買ってみました。生まれて初めて買う便秘薬だったのであまり強くなさそうなタイプを選び、さらに規定量より少なめに摂取するという慎重っぷりでした。

しかし、その慎重な作戦に反して結果はダイナミックなものでした。

当時接客業の仕事をしていたのですが、接客をしている時間とトイレにいる時間がどっこいどっこいぐらいな程の即効性&効果で、地獄のような、でも考えようによっては実質時給が2倍になり夢のような1日を過ごすハメになりました。当然周りのスタッフからは心配されるし、「便秘薬を飲んだら、、、」と正直に言うのも恥ずかしいやら申し訳ないやらで、適当に病人のふりをして何とか乗り切りました。
b14
初めて飲んだから効果が強く出たのかもしれませんが、コレが毎回続くと考えると再びチャレンジする気にはなれず、それ以降その便秘薬を口にする事は一度もありませんでした。休日とか何が起きても大丈夫な時に試しても良かったのですが、貴重な休みをトイレで過ごすというのもそれはそれで切ないことこの上ないので。。。

その後も便秘にはしばしば襲われましたが、便秘薬という選択肢が頭を掠める前に必死に食べ物や運動で改善するクセが自然と付くようになり、2度目の便秘薬摂取の機会が訪れる事はありませんでした。

便秘薬の過剰摂取で酷い目にあった。トイレの中で失神の失態。

酷い便秘が3か月続いてました。ほぼ毎日、コーラックを服用していましたが、そのうち効かなくなってきました。便が硬くて、1時間近くもトイレに籠ることも。お尻も痛くなりお腹も張っていて苦しかったです。その時点で、病院にいくべきだったのです。おバカな私は量を上回るコーラックを飲み始めました。市販薬だからとなめてかかってました。多少飲み過ぎてもお通じがあればオッケーなんて軽く考えていました。

副作用に腹痛があるらしいですが、今まで使っていてあまり感じられませんでした。きちんと量を守って使っていた時は大丈夫だったので。
b10
通常の2倍のコーラックを飲んだ数時間後、ドカーンとした腹痛がやってきました。お腹がぎゅるるると変な音。しばらく我慢すれば治るとたかがくくってました。全然腹痛は良くならず、陣痛かと思えるように数分してからまた強烈な痛み。そのうち、吐くかと思うほど体調悪化。

トイレで出せば良くなるだろうと。腹を抑えて、じりじりとトイレに移動。これほどトイレの距離が遠く感じられたことは、先にも後にもありません。
トイレに入るいな、倒れました。その後、あまり記憶がなくて、気を失っていたみたいです。家族がトイレのドアが開いてるからおかしいと覗いてみたら、私が倒れていた。
b9
「お母さん、大丈夫」と子供に揺すられて起きました。
救急車呼ぼうと家族は思ったらしいです。便秘で倒れるとは、失態です。それほどの激痛だたのです。

子供に助けてもらい、トイレに籠りました。しばらく腹痛と戦いましたが、お通じがあってほっとしたら腹痛もおさまってきました。

それから次の日の夕方まで、お腹が痛くて布団で寝てました。便秘薬は使用料を増やすとダメです。大変な目にあいました。

病院にかかって下剤と生活指導をしてもらいました。腹筋を鍛えて、水を沢山飲むようになったら便秘が良くなってきました。薬は、たまにしかもう使いません。

便秘を治すつもりが便秘薬が効きすぎてダウンしてしまった!

生まれてこの方、便秘じゃなかった日などありはしないのではと思っています。それでも3~5日に1回はお通じはあるので、倒れるほどの便秘は数えるくらいの経験しかありません。経験があること自体がおかしいのかもしれませんが。そのたびに便秘薬のお世話になっています。
忘れられないのは株式会社アラクスの便秘薬「カイベールC」を使用した時のことです。
b7
普段は1錠服用するだけでも効果てきめんなのですが、その時は1週間近く便秘で相当苦しく2錠服用したのです。すると、尋常じゃない腹痛に襲われました。

おそらく、浣腸のように出口から薬を入れるのではないため、出口付近の便が栓をした状態となってしまったのです。すでにお腹の奥ではグルグルと音が鳴っていて、とてつもない便意があるのですが、出口がびくともしないのです。何度もトイレで頑張ってみるのですが絶望的に何も出ません。

そうこうしていると、体を起こすこともできなくなり、冷汗が吹き出して体は冷たくなり、呼吸が浅くなっていきました。腹痛の波があり、なんとか普通に動ける状態とそれとを永遠繰り返し地獄のような時間を過ごしました。そして、丸一日経ってやっと栓をしていた便が押し出されて腸内の全てが出し尽くされました。病院に行くのは恥ずかしくて絶対に嫌だったのでその時は救われた思いでした。
b8
仕事のない休日だったからよかったものの、本当に1日中苦しめられました。便秘薬には4日以上便通がない時は2~3錠と書いていたのですが、体質が合わなかったのでしょうか。もし3錠飲んでいたら、と考えると空恐ろしいです。

この経験から、本当に便秘が辛く即効性が必要な時には、出口から攻めていく浣腸タイプにすることを誓いました。飲み薬タイプも上手く使えば問題ないのですが、体質や上記の危険性もあるので気を付けて使用することをお勧めします。

お腹に不快感が続く

若い時はあまり気にしたことがなかったのですが、不規則な生活ですぐに便秘になることがよくあります。食生活で言えばお酒を大量に飲んで、油っぽいおつまみを食べると次の日は必ず便秘になってしまいます。野菜を意識して食べるようにすれば便秘になりにくくなることもあるのですが、やはりこのような場合は便秘薬を飲むのが効果的なのです。
b3
人により効果が異なると思いますが、便秘薬を服用することで、すぐに症状が出る人や、お腹がごろごろしだしてからトイレに行くまでの時間がかかる場合もあり、その時間が長いほどトイレの場所を離れることができない時もあります。

便秘薬を飲むことによって過剰な反応になってしまうこともあり、特に普段飲まない人にとって便秘薬を飲む場合、一気に下痢の状態にまでなってしまうこともあります。普段飲みなれている人は便秘薬の数を加減したりすることで体に負担がなく、便秘を解消していくものですが、普段のまない人ほど、便秘になりにくい体質なうえ、便秘薬を飲むことによって過剰反応してある意味大変なことになってしまうものです。
b4
健康診断などで、胃の検査をする際バリウムを飲むことがあると思いますが、バリウムを排泄するために下剤を飲むことになりますが、やはり普段飲まない人ほど過剰な反応でトイレが近くなる場合が多いです。自宅ならばある程度トイレに閉じこもっても問題ないのですが、会社など限られた場所で色々な人とトイレを共有している時などは結構気を使います。下痢状態になることも多いので後に入る人のためにトイレが汚れたら軽くでも掃除しておかないと後で入る人にとって申し訳なく感じます。会社での健康診断はこのようなトイレ事情があるので憂鬱です。

便秘することによってお腹がとても不愉快な気分になるものですが、便秘薬を飲むことによって、不快感を解消することは決して悪いことではないと思います。必要な時こそ使うべきだと思います。

やっと巡り合えた腹痛なし!漏れなし!の便秘薬3Aマグネシア

社会人になりたての頃、時間に追われ過度なストレスを感じるようになってから急に便秘に悩まされるようになりました。
b6
酷いと1週間もでない時があり、仕事中酷い腹痛に苦しんだり、ダイエットしているのに便秘のせいでなかなか体重も減らず、なにしろ宿便がどんどん溜まっていく感じが気分が悪くて仕方なかったです。

さすがにこのままではいけないと思い便秘薬を色々試してみました。
CMでもよくやっていたメジャーな便秘薬は効き目の即効性が強く、飲んで3時間しないうちに下痢のような腹痛に襲われ、仕事中漏れそうになり堪えて脂汗をかいたり…トイレの便座に座るまでの間に我慢することができず大惨事になってしまったりと、その効き目の良さが逆にネックで使用1週間で使うのをやめにしました。

その後は、もう少しお腹に優しく緩やかに聞いてくれる便秘薬を探そうと思い、一度酵母系のものが入った整腸剤的な便秘薬を使いましたが、今度は逆に効果が薄くまた便秘になってしまいました。

お腹が痛くならず、ちゃんと効き目がある便秘薬と言うことでネットで検索しまくりました。そしてやっと見つけたのが「3Aマグネシア」という便秘薬でした。
b5
寝る前の空腹時に試しに4粒水で飲んで次の日の朝に水をコップ一杯飲み、朝食を取ると、朝食後30分くらいに催してきます。お腹も痛くありませんでした。そして便も硬くもなくゆるくもなく丁度いい硬さでした。

それからは毎日その便秘薬を寝る前に飲むようにしました。しかし、菓子パンやアイスなどの甘いものや七味唐辛子やキムチなどの刺激物を一日の中でそれらばかり食べてしまった日の次の日は、いくら3Aマグネシアを飲んだとしても便の出が悪かったり便が硬くなり持病の痔が再発したりするので、ある程度の食物繊維を摂取し偏食ばかりしないよう気をつけています。
やはり便秘には健全な食事と3Aマグネシアがかかせないと感じます。

効果がありすぎてびっくり

b1
それまで毎日ほぼ決まった時間に快便で、便秘とは無縁の生活をしていました。しかし、中国へ旅行をして帰ってきてから人生で初めて便秘薬にお世話になる事になりました。

数年前に友人の留学先である中国へ遊びに行き、現地の食堂などで食事をしていたら見事にお腹を下してしまいましたがせっかくの旅行なので構わず食べて下してを繰り返して帰国しました。

すると環境の変化が続いたせいか、1週間全く便通がなくなってしまいました。
お腹がパンパンになって重たく、食事もいつもほど食べられず、水分をたくさん摂っても一向に出てきてくれる気配がありませんでした。

そこで人生で初めて便秘薬に手を出す事に決めました。
便秘薬とは無縁でしたが、飲むならCMのラッコさんが可愛いコーラックにしようと決めていたのですぐに薬局でコーラックを購入し、書いてある量を服用して、スッキリ快便に戻る事を願って就寝しました。
そして草木も眠る丑三つ時、腸が物凄く活発になっているのに気付き目が覚めました。

腸がゴボゴボ言わせながらトイレへ向かうようにつついてきています。
トイレへ行くとすぐに念願の便通があり、便秘薬の効果はさすがだと感心してベッドに戻りました。
b2
すると5分も経たずにまたお呼びがかかりました。
そこからが祭り状態です。激しく腸が活動してお腹が痛く1週間しっかりと溜めていたものがどんどん押し出されてきました。

とにかく必死に戦っていたので落ち着いた頃には1時間以上経っていたようてを、眠気もどこかへ行ってしまいました。

人生初の便秘薬は本当に効果がありすぎてびっくりしました。
あんなにかわいいラッコさんがスルッとお手伝いしてくれるイメージだったのですが、龍が荒れ狂っているかのような感覚でした。

後日便秘薬にお世話になっている友人に事の顛末を話すと、初めての薬なら半分の量とかにして様子見た方がいいよとの事でした。先に聞いておけばよかったです。

お腹を下した時のそれぞれの対処法まとめた件トップへ