便秘薬を使って大変だった件

学生時代に便秘がひどく自力ではどうにもならなくなってしまい、お腹が張って大変な思いをしていました。丁度明日がドッチボール大会という日があって、身体が重くて動きにくかったのでコーラックを飲むことにしました。
b15
いつもは1錠しか飲んでいなかったのですが効きが弱かったので、前日に2錠飲んで寝ました。この時はなんの不安もありませんでしたし友人も2錠飲んでいましたので、明日の朝はお通じが楽になることだけ考えていました。翌朝目が覚めたのは異常なくらいの便通を覚え、布団から飛び起きて手洗いに向かいました。久しぶりのお通じとあってかなり大変でしたが、お腹の張りが段々と楽になっていきとても嬉しく思いました。

しかし喜びを感じたのは最初だけで、まさか地獄が待っているとは思いもしませんでした。会場の体育館に向かう途中から雲行きが怪しくなり、お腹に激痛が走る様になりました。コーラックが効き過ぎたのでしょうかまるで腸炎になった様な感じで、手洗いの回数は増え1度入ってしまうとなかなか出てこれなくなってしまいました。
b16
お腹が張っているのは辛いのですが排泄が止まらないのもとても辛いですし、何度も手洗いへ行くのも疲れてしまいます。ドッチボールの試合は出たかったので出場をするのですが動くと便意をもよおしますし、走り回るのもとても辛いものでした。

私があまりにも手洗いに行き過ぎるので最初は心配されましたが病気じゃないことがわかると、まただねって感じで笑われていました。1日の試合が終わってしまう頃にはお腹も楽になり手洗いの必要もなくなりましたが、便秘薬を飲む時は休みの前日にすることを誓いました。この経験以降便秘薬を飲む時は使用量は少なめにすることによってできるだけ自然なお通じができるようになりましたし、身体への負担も減らすことができました。