お腹を下したときは温かい紅茶をストレートで飲む

お腹を下したときは、何も手がつかなくなってしまうほどつらいです。何かしようとしてもお腹の状態を気にして集中できませんので、まずはお腹の状態を元に戻すことが最優先です。その対処法として有効なのは、温かい紅茶をストレートで飲むことです。
o27
お腹を下しているときは、体全体が緊張していてあまりリラックスしていません。その状態ではちょっとした刺激でまたすぐに便意を催してしまいますので、トイレへ行ったり来たりを何回も繰り返してしまいます。それを防ぐためにはまずリラックスすることが大切で、温かい紅茶を飲むことは効果を十分期待できます。

温かい紅茶を飲めば、体全体が少しずつ温まっていきます。また、紅茶を飲むことで精神的にゆったりとした気分になり、緊張状態が徐々に解けていきます。緊張状態が解けていけばお腹の状態は時間が経つほど元に戻りますので、紅茶を飲んだらなるべく安静にしていることが大事です。普段から忙しい生活を送っている人はゆったりすることが苦手なのかもしれませんが、お腹を下すということは体調不良のサインです。そんなときは急いだ行動はあまりせず、本を読んだり、好きな動画を観たり、音楽を聴いたりなどリラックスできるように心がけることが大事です。

紅茶を1杯飲んでゆったりと安静していれば、よほどの病気でない限り体調は安定してきます。何回もトイレを行き来するのは本当にツライですから、そうならないように紅茶で対処していくとお腹に負荷をあまりかけることなく通常の状態へと戻すことができます。
o28
また、できるならお腹を手でゆっくりとさすり、ポカポカさせてあげるとかなり和やかな気持ちになります。普段から紅茶を飲み慣れていない人だと急に準備はできないのかもしれませんが、スーパーやコンビニで缶やペットボトルに入っている紅茶を買ってきても差し支えはないはずです。人によって合う合わないはあるのかもしれませんが、紅茶ならそれなりに期待を持てます。

お腹を下した時のそれぞれの対処法まとめた件トップへ

温めよう!お腹を下した時に実践していること

腸内環境が良くないのか、よくお腹を下します。便秘が続くと突然お腹が痛くなって下痢をしたり、冷たいものを飲んだ時、ストレスがたまっている時、緊張している時、食べ過ぎてしまった時など、あらゆる場面でよくお腹を下すのでとても悩んでいます。

でも一応対処法はあります。まずはお腹を下した時は、とにかくお腹を温めることですね。ホッカイロなどを利用したり家にいるなら横になって身体をまるめてお腹を温めるようにしています。お腹を下した時はできるだけ安静にするようにして、無理をしないようにします。
o25
食事ですができるだけとらないようにしています。食べるとまたお腹を下してしまう可能性が高いので。ですがまったく何も食べないわけにはいかないので、消化の良い食べ物を食べるようにしています。できるだけ腸を刺激したくないですよね。お腹を下しているからといって何も口にしないと、脱水症状や栄養不足になるので危険です。

身体を冷やす食べ物であるキュウリやトマトなどは、絶対に食べないようにしないといけませんね。便秘の時には嬉しいゴボウ、さつまいもなどは食物繊維が豊富なので、さらにお腹を下してしまうので食べないようにします。

絶対にしなければいけないことがない場合は、できるだけ布団に入り安静にしています。心が落ち着くクラシック音楽やヒーリング音楽を聴くようにしています。するとお腹の痛みがだんだんなくなっていくような気がしますし、自然と眠れるんです。眠った後はスッキリしています。
o26
普段からお腹を下さないように注意をして生活をしています。例えば乳酸菌を積極的に摂取しています。ヨーグルトを食べたり、忙しい時は乳酸菌サプリメントのお世話になっています。食べ過ぎないように腹八分目を心がけ、ストレスをためないようにしています。できるだけ温かい飲み物を飲むように気を付けています。それでもお腹を下すことがあるので、この先も大変だなと思いますが頑張ります。

お腹を下した時のそれぞれの対処法まとめた件トップへ

温めよう!お腹を下した時に実践していること

とにかく耐えます。

子供の頃から胃痛持ちで特別何か食べたわけでもなく、その日の体調ですぐに腹痛を起こしてしまいます。大体午前中であることが多く、朝食後3時たったあたりの時間におなかが痛くなってきます。

あ、痛いなと思ってしばらく耐えると治って、また痛くなってというのを何回か繰り返さないと、トイレに行くまでにならないので、じっと我慢しておトイレに行きたくなるまで待ちます。この時点で整腸剤を飲んでもなんの効果もありません。ひたすら脂汗流して我慢して、便意を伴ったらトイレに行きます。
o21
やっとここで胃痛がひと段落します。が、この痛みの波は2、3度トイレに行かないと治りません。しばらくしてまた痛くなったらトイレに行く。だいたい2度目でなんとか落ち着くので、その時に正露丸やビオフェルミンなどの胃腸薬を飲みます。
そうすると胃痛は昼頃にはきれいになくなります。

仕事中でも外出中でも所構わず胃痛に襲われるので、いつもカバンに整腸剤を2、3回分袋分けして持っています。

あと、仕事など急にトイレに行く事が出来ない状態になるところでは、周りの人たちに胃痛持ちであることを公言しておいて、実際痛くなった時にはちゃんとその旨を伝えてトイレに行かせてもらいやすくするようにしています。恥ずかしがったり気を使って言わなかったりしていては、逆に周りに不審がられてしまうし、実際胃痛の痛みは苦しいですので、早めに対処できた方があとあと迷惑もかけないだろうと思っています。
o22
冬は温めたりする方法で痛みを紛らわせることもできるので小さなカイロも胃腸薬と一緒に持っていますが、根本的な解決にはならないです。カイロは補助的なアイテムとしてトイレに行っても胃痛がなかなか止まない時などに使っています。

長年付き合っているお腹なので痛くなった時のパターンがわかっており、痛くなるだろうなという時は、コーヒーを控えたりあまり動き回らないようにして対処します。が、やはり痛みは結局やってくる、痛くなってきたら、キタキターと思って、耐えるしかないんです。

お腹を下したあとの食事に気をつける。

お腹を下すということは、食品から栄養を取り込まずに、そのまま外へと(下痢便として)排出してしまったということなのです。からだには負担だけしか残りません。
とにかく安静にすることです。胃腸の調子が悪くでお腹を下すこともあります。そしてお腹を温めることです。からだはとても疲れています。お腹に手を乗せるだけでも違います。そして、水分補給を行います。経口飲料やポカリスエットのようなものがいいです。お腹を下すことによって水分、栄養素が排出されたわけですから、脱水症状、栄養不足ということになります。お腹を温めるということも考えると蜂蜜をお湯で溶かしたものを効果的です。
o23
そして食事は消化のいいものがいいです。少量で、ゆっくりととるこが大切です。いつものように食事をしてはからだがびっくりしてしまいます。

一番いいものは、お粥です。うどんもいいと思います。野菜は茹でて柔らかいものがいいです。水分補給は、食事のほうがいいともされてます。お味噌汁はカリウム、ナトリウムを一緒にとれるので、お粥とお味噌汁の組み合わせもいいです。からだも温まります。さらに梅干しを組み合わせるのもいいです。なぜかと言うと、下痢はアルカリ性である腸液も多く排出され、身体が酸性に傾きがちとなります。そのため、アルカリ性を補給する意味と抗菌作用・ 疲労回復作用の強いと言われている梅干しを摂ることもいいと言われているのです。難しく書きましたが、疲労回復に梅干しとよく言います。日本人ならこの組み合わせがお腹を下した時にいいのではと思います。
食欲がないときは、バナナ、リンゴ、白桃のフルーツがいいです。体に必要な水分とエネルギー源となるブドウ糖が効率よくからだに吸収されていきます。
o24
お腹を下したあとに食べないほうがいいものは、油の多い食材、冷たいもの、炭酸飲料、アルコール、辛いもの、カフェイン、人口甘味料、乳製品があります。

お腹を下したあとは、水分補給、控えめな食事、安静にする、お腹を温め回復していくことです。無理に3食食べる必要はないです。

落ち着くんだ!トイレはどこにでもある!

お腹を下した時、誰しもが「これはヤバいっ!」と焦り、近くにトイレは無いか?、我慢できるのか?、更に緊迫した状況に達している場合、最悪な事態を想定しながらもがき苦み、トイレを探してしまうことでしょう。
o19
でも、お腹を下し、一刻を争う状況だからこそ「冷静」になりましょう。

「そんな時に冷静になれるか!」

こんな怒りやお叱りの声が聞こえてきそうですが、お腹を下さした時の痛みは不思議なもので痛みの波と安らぎの波が周期的に襲ってきます。

今、痛みの波ならば、一度冷静になりこの波を乗り越え安らぎの時を迎えてから次の手を考えましょう。

具体的には…

  • 通勤途中の電車の中なら、窓から見える景色を見て深呼吸をする。
  • 会議の途中なら、会議のことを忘れ、帰ったら何しようと考える。

とにかく、違うことを考え「お腹が痛い」「トイレに行きたい」という現実から逃避する努力をします。
時々我に返り「お腹を下している」という現実を頭から消し去ることが大切です。

この状況を乗り切り、お腹の痛みが和らぎ、平常心を取り戻せたら次のステージへ進みます。

平常心を保ったまま周囲を見渡し、トイレが近くに無いか確認します。
トイレの看板やマークを見つけたからと言って焦ってしまっては、やっと落ち着いた腹痛や便意が再び目を覚まし襲ってきますので、決して焦らないでください。
o20
トイレの有無、トイレの位置を確認できれば最終ステージに突入です。

ちょっと待って!ここでも焦りは禁物です!

平常心を失い、気を抜き、トイレを目前に便を漏らしてしまっては、今までの努力は水の泡となります。
「お~トイレか、取り合えず寄っとくか」と余裕をかまして、徐々に最終目標に接近してください。

ここまでくれば安心です。

入口付近にある洗面の鏡に映る自分の姿を眺め、これまでの過酷な試練を乗り切った余韻を楽しみながら、最後の扉を開け至福の時を迎えてください。

冷静さを保つことで、お腹を下した状況を乗り切れることと思います。

お腹を下した場合の良い対策方法とは

私生活の中でお腹を下した時は、まずはトイレに立てこもってでも、お腹にたまったものをすべて排出することが大切です。お腹を下した時は、たとえ便が出そうになくても、トイレから出ることを不安に思い、出たくても出れない状態になるので、突然発作が起こった時でも危険な状態にならないように、もうこれ以上は無理だというまで、トイレに立てこもったほうがいいです。
o17
お腹に溜まったものを限界まで出し切った後で、ドラッグストアで販売していて、家に常備薬として置いている薬を服用します。お腹を下した時の薬は、便を止める作用もあるので、便を出し切って飲むほうがいいんです。薬は、食事後の服用が望ましいので、少量でもいいから、お粥や雑炊などといった、胃の消化によくてあったかい食べ物を食べるようにします。この時に、消化に悪いものや、冷たいものやアルコールや刺激物といったものは、状況を悪化させてしまうので、絶対に避けるようにします。しかし、どうしても食べたくなかったら、暖かいみそ汁やスープなどだけを飲んで、薬を飲みます。

発作が起きて、トイレに立てこもるのを防ぐために、外出はできるだけ避けたほうがいいです。お腹を冷やさないように、スパッツや腹巻などを履いて、動いてもお腹が出ないようにするか、貼るカイロをお腹に張って、とにかくあっためるようにして、安静に横になって、薬が効くのを待つのが一番です。
o18
お腹を下した時は、その原因を発見することも大事で、原因が風邪からくるものなのか、食べ物にあたったからなのか、ノロウイルスの恐れがあるのかを判断します。この時に、風邪や食べ物にあたっただけならば、自宅にある常備薬を飲んで、一日安静にして様子を見ればいいですが、ノロウイルスならば、家族感染を引き起こし、周りに迷惑をかけてしまうので、ノロウイルスの可能性が少しでもあるのならば、病院に行って、医師の判断を仰いだほうがいいです。いざという時のために、自宅に常備薬を置いておくことも大切です。

街の中でお腹を下したときにおすすめの対処法

街の中で急にお腹を下した時にどこへ駆け込みますか?駅のトイレが一番最初に思い浮かびますが、切符を買わないと入れないところもありますよね。

確実に入ることができて、トイレの中がきれいなのはデパートや大型店舗のスーパーですね。新宿などは小さな店舗が多いので狭いトイレや汚いトイレが多くて、急にお腹を下してもなかなか安心できません。

キャラクターグッズのお店などは臨時で営業していることも多いのでトイレが存在していないこともあります。
o14
新宿の歌舞伎町などの大きな街で急にお腹に異変が起きた時に一番おすすめの場所は駅ではなく、ゲームセンターとかパチンコ屋さんです。これらのお店はトイレがすごくきれいなので入りやすくて落ち着いて対処できます。
また商品などを購入しなくても自由に使えるので気兼ねなく使用することができます。

公園などにも公衆トイレはあるのですが、ウォシュレット付きでない便座も存在しているので、衛生面で心配があります。

また新宿などの大都市の公園の場合は人が多く不衛生なことも多いので、なるべくならばデパートや駅、パチンコ屋さんを目指して歩きまわることをおすすめします。
歩いていると便意の波がおさまったりするので、便意が感じられなくなったら急ぎ足で、またピークが来たらゆっくり歩いてを繰り返すと漏らすことなくトイレまでたどり着けます。

過敏性腸炎でストレスを感じるとすぐに下痢をしてしまう場合は、家を出る時に薬を飲んでおくと心も体も安心できます。
o13
心を落ち着かせるセロトニンという脳内物質ですが、腸からも分泌されているので、ストレスを感じたらなるべく有酸素運動をしてセロトニンを分泌させたり、仲の良い人とお話をすると精神的な下痢を起こしにくくなります。

乳酸菌サプリメントなどもありますが、腸内細菌が入れ替わるまでに3週間以上かかるのですぐに症状を無くすためにはドラッグストアに売っている下痢止めを服用する必要があります。

つい忘れがちな水分補給

お腹を下した時にまず思うのは「何か悪いモノでも食べたかな?」と言うことです。
でも、直ぐ前の食事や前日の食事まで思い出してみて、思い当たることがない場合が殆どです。

だいたい何か食べ物にあたったんだとしたら、半日以上も経ってからお腹を壊すなんて言うことはないですから、ほぼ間違いなく食中毒ではないはずです。
突然の下痢で、次の考えられる原因は、冷えもしくは風邪などで胃腸に来る病気です。
o16
暑い盛りの時期だと知らない間に喉越しの良さを優先して、冷たい飲み物や食べ物でお腹を冷やしてしまっていることがありますし、反対に寒い時期なら、ほぼ単純な冷えの場合が多くなります。

ただ、キリキリといつまでも腹痛が続いたり、トイレを何度も往復するような時は、胃腸風邪などの病気の可能性もあるので、その辺りは症状をよく観察しておかないと後々面倒になります。

ひとまず、下痢を起こしたらお腹を冷やさないのは鉄則ですが、すぐにお布団に潜り込めるような状況で無い時もあります。

そんな時は、下腹にとりあえずカイロを貼り付けます。場所はお臍よりも少し下にペタッと。ついでに腰のあたりに貼っておくのもオススメですし、その上から腹巻などを巻くともっといいと思います。

お腹を下すとどうしても体に力が入りにくくなって、姿勢を変えたり動くのを辛く感じたりしてしまいます。

これは、もし手元にあればの話になりますが、腰用のサポーター類をお持ちなら、それででキュッとお腹回りを締めておくのも効果があります。

ただお腹を下した時に忘れがちなのは、つい症状に気を取られて、水分補給を忘れてしまうことです。

お腹を下しているのに水分を取ると、お腹を冷やすうえにトイレに行く回数が益々増えるだけだと考えてしまいがちです。

でも、何度もトイレを往復するようなお腹の下し方をしている時は、常温程度の口にし易い飲み物で水分を少しづつでも補っておくのが大事なことです。
o15
単なる冷えなら、暖かい飲み物が内臓から温めてくれますし、胃腸風邪のような場合は、体の中に残っているばい菌をその分早く輩出できることになります。

人間の体の6割は水分です。出てしまった分は、口から補ってやらない限り戻りませんから。

温めよう!お腹を下した時に実践していること

お腹を下したときは温かい紅茶をストレートで飲む

急にお腹を下したら肛門に力を入れて少し待つ!

急にお腹を下すという状況はいろいろなタイプがあります。食中毒の場合は、どうやっても止めることが難しいのですぐに下痢止めを飲みます。口で溶けるタイプの下痢止めは10分もすると効いてくるのでなるべく早く飲んで、心を落ち着かせてトイレに行くと安全ですね。

精神的なストレスが原因で起きる過敏性腸炎の場合にはまずは落ち着くことが大切です。お腹を下したと感じた時にすぐにトイレに駆け込んでしまうと、脳がこの行動を記憶してしまって、少しでも症状が出ると我慢できなくなります。
o12
過敏性腸炎の場合は、肛門に力を入れて少し我慢をすることで症状がおさまります。その理由は交感神経の働きにあります。交感神経が興奮すると下痢の症状が出やすくなるのではないかと思ってしまいますが、実は交感神経が働くと胃や腸などの消化器が完全に動かなくなるので下痢の症状が収まるんです。

よく玄関先までがんばったけど安心したら漏れた人いますよね。あれは玄関に到着して交感神経から副交感神経にスイッチが切り替わった結果腸が活動を始めてしまって漏れてしまうというものです。

急にお腹を下した時には非常に焦ってしまいますが、肛門に力を入れて2分くらい我慢すると峠を越してトイレまで間に合う確率が高まります。これはオシッコの場合も一緒で、頻尿で困っているときに尿意を我慢する習慣をつけるだけで頻尿の症状が治ります。

これは頻尿も急な下痢も基本的には脳の働きが関係しているので、急いでトイレに駆け込まずにまずは2分くらい肛門に力を入れて我慢をして本当にギリギリなのか判断をすると過敏性腸炎を予防することができます。
o11
下痢止めは口で溶けるタイプのほうが早く効きますが、精神的なストレスによる下痢の場合は飲んでも少しお腹に違和感が残る可能性があります。この違和感を気にするとまた便意を催してしまうので音楽を聴いたり、動画を見たりして注意をそらすことが重要です。

気にしすぎてしまうとパニックになるので、尿意や便意から注意をそらす準備をしておくと安心して電車などに乗ることができます。

冷えや風邪が原因の腹痛では、お腹を温めて正露丸を飲む。2食生活等に原因がある下痢や腹痛の場合は、食事を見直そう。

まず、お腹を下したら、正露丸を2粒飲んでお腹を温める事をお勧めします。

o8
1時間程、毛布にくるまり、横になって全身を温めていれば回復します。体が冷えたのか、風邪の引き始めによるウイルスの侵入で腹痛が起きたのかといった原因がわからない場合は、この方法が1番有効です。

次に、それでもダメな場合は他に要因があるので病院に行きましょう。

病院に行ける状況にない時は、野菜を食べる事をお勧めします。白菜やほうれん草等のビタミンが豊富な食品を食べると血液が綺麗になります。特に、下痢を伴う腹痛の場合は食生活に問題がある事が多く、忙しい日々の中で料理をするのが面倒になったり、食事を蔑ろにしてしまうような日が続いた後に起こりやすいです。

痛みは警告のような物なので、食事を改めなければいけません。今から立て直せば大丈夫、これからはちゃんと注意して下さいよと教えてくれているのです。

そして、立て直す為には、野菜を中心としたバランスの良い食生活を選択しなければなりません。
o9
多くの場合、脂質や糖質は足りているのでビタミンやミネラルを重点的に取り入れなければなりません。ビタミンといっても、4種類の脂溶性ビタミンや9種類の水溶性ビタミンがあり、1つの野菜だけでは不足してしまうので毎日色んな物を何種類も食べなければ栄養不足になり、下痢を発症しやすくなります。

しかし、総合栄養食に近いケールの入った青汁を摂取すると、食べなければいけない野菜の量を減らす事ができます。ビタミン以外にも食物繊維やルテイン、カルシウム等が含まれているので、お腹の調子を整えてくれたり、目を見やすくしてくれたり、血液中のミネラル濃度を一定にしてくれる働きがあります。一見関係なさそうな機能に思われますが、目は血管で腎臓とも繋がっており、目の健康は腎臓での老廃物排泄を促す性能を良くしたりするので血液にとっても重要です。

最後に、腹痛は血液循環が良ければ起こりません。

ご飯の後にちょっとお腹空いたから何かを食べようとする心を抑えれば、冷えたり風邪を引いていない限り、お腹は痛くなりません。

しかし、血液循環が良くても食べていない方のケースでは、食物繊維不足で腹痛が起こる事もあります。牛蒡や干椎茸、干柿に多いので召し上がって下さい。食物繊維の1日量は20gですが、食べていなかった人が食べるだけでも腹痛は改善されていきます。この中でも、干椎茸は1個2~5gで100g中182kcal、食物繊維41gなので摂取しやすいです。
o10
また、食物繊維と記載されているお菓子や栄養機能食品を使用しても効果を得られます。

お腹を下した時のそれぞれの対処法まとめた件トップへ

副作用心配なしの便秘薬で自然に近いお通じ

残業が続いたり仕事が忙しくてストレスがたまると、外食が多くなったり、寝る前にご飯を食べたり、または一日一食しか食べなかったりなど不規則な食生活になります。食事の栄養バランスを考えることができなくなります。そのため腸の調子が悪くなり、便秘が続いたり、便秘中にすごくお腹が痛くなって突然下痢をしたりなどするので悩んでいました。
b19
一週間ぐらい便秘状態が続き、会社でお腹が痛くなって辛くなった時があるのですが、周りの人からかなり心配されました。顔が青白く冷や汗が出ていたと思います。「貧血がひどくて」と言って早退し、病院へ行き便秘薬をもらったりなどしました。どうしても「便秘で辛い」ということは言えませんよね。

現在は良い便秘薬を発見したおかげで、ほとんど便秘をしなくなりました。飲んでいる便秘薬はタケダ漢方便秘薬です。寝る前に飲むのですが、朝起きると腸がグっと動き出し、自然にとても近いお通じが得られるので気に入っています。別の便秘薬を使用した時には、夜中にすごくお腹が痛くなって目が覚めて1時間~2時間ぐらいトイレにいました。辛かったです。

でもタケダ漢方便秘薬はお腹が痛くなることはありませんし、副作用の心配もありません。もともと薬はあまり好きではないので、漢方を好んで飲んでいます。ただ、これを飲み続けると効果がなくなってくるようなので、便秘が何日も続いて本当に辛い時にだけ使うようにしています。普段から水をこまめに飲んだり、適度な運動をしたり、青汁を飲んだりなど、便秘をしないように努力はしています。
b20
便秘薬だけに頼ることは良くないと思っています。大変な時だけ便秘薬に頼ることにしています。タケダ漢方便秘薬のおかげで、会社でお腹が痛くなって苦しむことはなくなりました。すごく嬉しいです。割線入りの錠剤なので、半分に割って服用量を調節することができ便利です。

体に優しい便秘薬・酸化マグネシウムについて

ダイエットなどの特別なことしなければ、便秘の症状というのは全くない方なのですが、自分の持っている持病によって便秘の症状が出てしまうこともあります。昔から大変な冷え性でしたし、膀胱炎などもよく起こしてしまいましたから、常にお手洗いの事ばかりを考える癖がありました。

膀胱炎自体は、きちんとお手洗いに行く時間を設けることにより、改善することは可能なのですが、お手洗いに行き過ぎると過活動膀胱炎という病気を併発してしまいます。こちらは、あまりに膀胱に尿が溜まらないうちにお手洗いに行き過ぎることによって、次第にお手洗いに行く回数が本当に増えてしまう病気です。
b18
この病気にかかってしまったので、病院で治療薬を飲むようになりましたが、この薬を飲むと便秘になりやすいという事でした。便秘などの症状は、あまり今まで経験がなかったのですが、本当にお通じを毎日のようにほぼなくなってしまい、体の不調になってきたので困るようになりました。過活動膀胱炎の治療薬というのは、尿を出すぜん動運動だけではなく、腸の方の運動も止めてしまっ作用があるのだと思いました。

便秘薬は、今までにも下剤であれば服用したことがありました。胃のレントゲンを撮影する時にはバリウムを飲みますから、その時に市販の下剤を飲むように指示されます。こちらを飲むと激しい下痢が起こるので、体調悪くしてしまうこともあり、会社等の健康診断前には必ず憂鬱になることもありましたので、便秘薬を飲むことにも抵抗がありました。
b17
ですが、医師に処方された酸化マグネシウムは、非常にスムーズに排便が出来て全く痛みはありませんでした。このような体に優しい便秘薬というのは初めて服用しましたから、これほどまでに体が楽な便秘薬があるのを初めて知りました。便秘に悩む人は非常に多いと思うのですが、一般的な市販薬と比べて全く痛みもなく副作用や依存性も無いですし飲むのであればこちらの便秘薬の方が良いとは思います。

便秘薬を使って大変だった件

学生時代に便秘がひどく自力ではどうにもならなくなってしまい、お腹が張って大変な思いをしていました。丁度明日がドッチボール大会という日があって、身体が重くて動きにくかったのでコーラックを飲むことにしました。
b15
いつもは1錠しか飲んでいなかったのですが効きが弱かったので、前日に2錠飲んで寝ました。この時はなんの不安もありませんでしたし友人も2錠飲んでいましたので、明日の朝はお通じが楽になることだけ考えていました。翌朝目が覚めたのは異常なくらいの便通を覚え、布団から飛び起きて手洗いに向かいました。久しぶりのお通じとあってかなり大変でしたが、お腹の張りが段々と楽になっていきとても嬉しく思いました。

しかし喜びを感じたのは最初だけで、まさか地獄が待っているとは思いもしませんでした。会場の体育館に向かう途中から雲行きが怪しくなり、お腹に激痛が走る様になりました。コーラックが効き過ぎたのでしょうかまるで腸炎になった様な感じで、手洗いの回数は増え1度入ってしまうとなかなか出てこれなくなってしまいました。
b16
お腹が張っているのは辛いのですが排泄が止まらないのもとても辛いですし、何度も手洗いへ行くのも疲れてしまいます。ドッチボールの試合は出たかったので出場をするのですが動くと便意をもよおしますし、走り回るのもとても辛いものでした。

私があまりにも手洗いに行き過ぎるので最初は心配されましたが病気じゃないことがわかると、まただねって感じで笑われていました。1日の試合が終わってしまう頃にはお腹も楽になり手洗いの必要もなくなりましたが、便秘薬を飲む時は休みの前日にすることを誓いました。この経験以降便秘薬を飲む時は使用量は少なめにすることによってできるだけ自然なお通じができるようになりましたし、身体への負担も減らすことができました。