お腹を下したときは温かい紅茶をストレートで飲む

お腹を下したときは、何も手がつかなくなってしまうほどつらいです。何かしようとしてもお腹の状態を気にして集中できませんので、まずはお腹の状態を元に戻すことが最優先です。その対処法として有効なのは、温かい紅茶をストレートで飲むことです。
o27
お腹を下しているときは、体全体が緊張していてあまりリラックスしていません。その状態ではちょっとした刺激でまたすぐに便意を催してしまいますので、トイレへ行ったり来たりを何回も繰り返してしまいます。それを防ぐためにはまずリラックスすることが大切で、温かい紅茶を飲むことは効果を十分期待できます。

温かい紅茶を飲めば、体全体が少しずつ温まっていきます。また、紅茶を飲むことで精神的にゆったりとした気分になり、緊張状態が徐々に解けていきます。緊張状態が解けていけばお腹の状態は時間が経つほど元に戻りますので、紅茶を飲んだらなるべく安静にしていることが大事です。普段から忙しい生活を送っている人はゆったりすることが苦手なのかもしれませんが、お腹を下すということは体調不良のサインです。そんなときは急いだ行動はあまりせず、本を読んだり、好きな動画を観たり、音楽を聴いたりなどリラックスできるように心がけることが大事です。

紅茶を1杯飲んでゆったりと安静していれば、よほどの病気でない限り体調は安定してきます。何回もトイレを行き来するのは本当にツライですから、そうならないように紅茶で対処していくとお腹に負荷をあまりかけることなく通常の状態へと戻すことができます。
o28
また、できるならお腹を手でゆっくりとさすり、ポカポカさせてあげるとかなり和やかな気持ちになります。普段から紅茶を飲み慣れていない人だと急に準備はできないのかもしれませんが、スーパーやコンビニで缶やペットボトルに入っている紅茶を買ってきても差し支えはないはずです。人によって合う合わないはあるのかもしれませんが、紅茶ならそれなりに期待を持てます。

お腹を下した時のそれぞれの対処法まとめた件トップへ