便秘を治すつもりが便秘薬が効きすぎてダウンしてしまった!

生まれてこの方、便秘じゃなかった日などありはしないのではと思っています。それでも3~5日に1回はお通じはあるので、倒れるほどの便秘は数えるくらいの経験しかありません。経験があること自体がおかしいのかもしれませんが。そのたびに便秘薬のお世話になっています。
忘れられないのは株式会社アラクスの便秘薬「カイベールC」を使用した時のことです。
b7
普段は1錠服用するだけでも効果てきめんなのですが、その時は1週間近く便秘で相当苦しく2錠服用したのです。すると、尋常じゃない腹痛に襲われました。

おそらく、浣腸のように出口から薬を入れるのではないため、出口付近の便が栓をした状態となってしまったのです。すでにお腹の奥ではグルグルと音が鳴っていて、とてつもない便意があるのですが、出口がびくともしないのです。何度もトイレで頑張ってみるのですが絶望的に何も出ません。

そうこうしていると、体を起こすこともできなくなり、冷汗が吹き出して体は冷たくなり、呼吸が浅くなっていきました。腹痛の波があり、なんとか普通に動ける状態とそれとを永遠繰り返し地獄のような時間を過ごしました。そして、丸一日経ってやっと栓をしていた便が押し出されて腸内の全てが出し尽くされました。病院に行くのは恥ずかしくて絶対に嫌だったのでその時は救われた思いでした。
b8
仕事のない休日だったからよかったものの、本当に1日中苦しめられました。便秘薬には4日以上便通がない時は2~3錠と書いていたのですが、体質が合わなかったのでしょうか。もし3錠飲んでいたら、と考えると空恐ろしいです。

この経験から、本当に便秘が辛く即効性が必要な時には、出口から攻めていく浣腸タイプにすることを誓いました。飲み薬タイプも上手く使えば問題ないのですが、体質や上記の危険性もあるので気を付けて使用することをお勧めします。